スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAVID BOWIE (地球に落ちてきた男)

★

1月8日、本人の誕生日にまたもやリリースされました。
「曲数少なめ、一曲目が長い」と過去のアルバムを
思い出す構成です。 模型の作業がてら早速聴いてみようと
したトコロ、手が止まりました。 「なんだこれ」
バックがジャズなのは過去を振り返れば驚きはしないものの
御本人がとても「はっちゃけてる」!!
90年代の頃の「どうよカッケェーだろう!?」って感じの歌声に
聴いてるコッチは困惑だ! 歌詞もおかしい。
内容はとても記せない代物で若手がイキがって歌うなら兎も角、
ここ十数年の、歳相応の「等身大」で一歩引いた形のアルバム
はどこへ行っちまったんだ!?
結論、「すごくいい!」
過去の自分の好きなアルバムに似ている気もする。
時間の流れと共に「今までやってきた形をブン投げる」
いつもの彼だな(笑)


--------------------------------------------------------

と、ここまでがアルバムを聴いた後に書いてた文。
そして週明け、本人の訃報を聞きました。
同時に納得もしました。「そうか、わかってたんだな」
トニー・ヴィスコンティも「彼はお別れにこのアルバムを残して
くれました」とコメントしている。

これでもう「今度のだっせぇ!」とか「もう終わってる」とか
言えなくなってしまった。
自分は彼の肉体は死すとも魂は宇宙に旅立ったのだ、と
思っている。

DAVID BOWIE 安らかに 
そして永遠に


おわり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。