スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングタイガー (タミヤ1/35)

kt1_convert_20151219191616.jpg

第二次大戦中、ドイツ軍が開発した重戦車です。
ホントは「6号戦車」って言うらしい。
(ガル&パンの主人公のが4号、タイガーIが6号)
同じ「タイガー」と名がついてはいるものの、ドチラかと言えば
パンターに似てますね。

大戦中、アメリカ兵が鬼強い戦車(タイガーI)を見て、
「超やべえ!強すぎだろアレ!まるで虎(タイガー)やでぇ!」と
ビックラこいたらしく、それを聞いたドイツ軍が
「アメリカさんはおもろいなぁ、虎(ティーガー)か笑」と。
そんなこんなであだ名が「虎」となったのですが、その後に現れた
この6号は呼び名が色々あってややこしい。
「タイガーII」とか「キングタイガー」とか「ケーニッヒスティーガー」とか
どれも正解ですが人によって呼び方はバラバラだったりします。
kt2_convert_20151219191707.jpg



kt3_convert_20151219191737.jpg



kt4_convert_20151219191806.jpg



kt5_convert_20151219191840.jpg



kt6_convert_20151219191911.jpg

人型の模型ばかり作っているとタマ~に作りたくなるのが戦車です。
今回もある日唐突に「キングタイガー買ってこよう!そうだそうしよう」と
自転車で買いに出かけサクっと作りました。

昔はタイガーIが好きで、このキングタイガーはどうにも好きに
なれなかったのですが歳を取るとゲフンゲフン・・・・・好みも変わるようで
今では四角い箱状のタイガーIが格好良くは見えなかったりします。
もう数年するとシャーマン(米戦車)かっこいい!とか言い出すんだろうか。





kt7_convert_20151219191937.jpg



kt8_convert_20151219192006.jpg



kt9_convert_20151219192033.jpg



kt10_convert_20151219192101.jpg



kt11_convert_20151219192131.jpg

最初は迷彩をエアブラシで塗装したのですが、どうも面白くない。
じゃあってんでその上から更に筆塗りで色を重ねてみたら
すごくモッサリした感じになり絶句モノでしたが「これも味じゃね?」と
己に言い聞かしたのは内緒だよ。

写真撮り忘れましたが以前作った現代運用されてる戦車と
比べてみても大きさ変わらない!デカイ!
よくTV番組の特集の「戦後@@周年」とかで保管された日本戦車が
出てきますが小さいし装甲はペラッペラの鉄板です。
戦略的、必要性、運用の発想がまるで違うので比べるのは無意味ですが
ドイツ軍の戦車はちょっとした要塞です。

有名な話で「アメリカは虎1両につき、最低5両で挑むようにした」ってのが
ありますが射程距離が3倍前後、砲の威力も段違い、おまけに
装甲もやたら厚くアメリカ戦車がいくら撃っても正面からでは効果が薄い。
鬼のようなスペックのドイツ戦車でしたが、弱点もあったようで
でっかい主砲に厚い装甲とくれば当然「重い」訳で・・・・・・・・
地形に脚を取られれば引き上げも困難、故障も多く
「撃破された数より、故障して破棄した数の方が多かった」らしい。

そもそも戦争はまずは数を揃えてナンボですからいくら強力でも
その十数倍の数で攻められれば無理ゲーなのは明白ですわ。
「ガンダム」に出てくる高性能だけど出てくるのが遅かった、
ゲルググがまさにキングタイガーな訳です。
(MSの個の性能による戦術での勝利で、戦略を引っくり返そうと
 してる辺りも、おもいっきりパロディーです)



kt12_convert_20151219192158.jpg



kt13_convert_20151219192224.jpg

そろそろガル&パン仕様も作らないとなぁ。
脱線しますが「劇場版ガル&パン」、もはやドコもカットできない程
絵を切り詰めたそうですが(それでも時間は初期より大幅に増えた)
その為かTVシリーズに比べて「優しくない」と感じました。
TVだと撃破された後「やーらぁれーた」って悪玉トリオの
シーンみたいのが必ずありましたが劇場版ではほとんどありません。

更に終盤はセリフなし、BGMなしという場面もあり実況のないスポーツ観戦の
ような感覚です。敵味方ほとんどがカーキグリーンなので戦車を知らないと
後半の乱戦で訳が分からなくなりそう。

ただそれでも。
本来やりたかったのが「コレ」でしょうし、わざわざ映画館まで足を運んできて
貰って満足してもらうにはどういった2時間であればいいか。
その辺を突き詰めた映像だったと思います。
さっき言ったセリフBGMなしエンジン音と砲撃だけのシーンを観てて
「余計な要素を削ぎ落とした、至ってシンプルな映像でも
物語って語れるものなんだな」と感心すると同時に、
目から汗が滲んでた自分がいました。いやあれはお見事。



kt14_convert_20151219192253.jpg


おわり。










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。