PSO2 (7)

p71

新人「シュィーン...失礼しまぁっす」
教官「おお来たか。まぁ座りたまえ。レポート読ませてもらったよ」
新人「あ、防衛線(侵入)の時のですか。あれ最悪っすよ」
教官「....ふむ。他のアークス隊員からも同様の意見が出ておる」
新人「でっしょぉー!? ブツブツ」
教官「そこでだ。今日は君にある昔話を聞かせようと思ってな。
   ヨーロッパの小さな村での出来事だ」
新人「...はぁ...(ヨー...どこ鯖だ?)」


教官「その村では毎年自然の恵みに感謝しようという事で
   ぶどう酒祭が行われていたそうな。 その祭の際
   皆で酌み交わす為のぶどう酒を数日前から大きな樽に
   少しずつ溜めておく事になっておった」

教官「もちろん誰が、という訳でもなく皆で協力して、な。
   さて、祭当日になった。
   乾杯しようと樽の蓋を開け、皆に配ったのだ。
   一斉に口にした瞬間、事件が起きた。
   なんとウッスラとぶどう酒の味のする水だったのだ。」

新人「!?どーいう事ですか、さっぱり意味がわかりませんが?
   ......まさかフォトンによる物質変化ですか!?」
教官「.........ふぅ」
新人「ぇ?」
教官「まぁいい。真相はこうだ。ある村人が「自分ぐらいは
   お酒を入れるフリして水を入れちゃってもいいよね☆
   だって自分とこのお酒が勿体無いもん」とやった訳だが
   それが一人や二人ではなかった、という事じゃ。」
新人「うはぁー!ダッサぁ。そいつら2chで晒しっすね」
   
教官「...君の言う事もわからなくもない。だがね
   大事なのはそこだろうか?指差し合って犯人探しをする
   それが重要なのだろうか。」
新人「...と言われましてもぉ。悪いのは悪いじゃないですか」

教官「うむそうだ。だからこそこの先、皆でより良く気持ちよく
   やっていけるように話し合い、納得のいく形を模索してゆく
   ベストとはいかなくとも可能性を初めから放棄したのでは
   前進はできんのだ。」
新人「ぉおうっ!?」

教官「君たちアークスの敵はダーカーだ。アークスではない。」
   君の手にしたそのチカラは何の為に振るうのかね?」

新人「....教官!なんか初めて勉強になる話が聞けた気がします!」
教官「ピキッ」
新人「よぉっし早速これカキコしちゃおっと!反応間違いなしだな///
   ほいじゃ失礼しますね~。スタタタ...シュィーン」
教官「...まだミーティングは終わってないぞ。ピキピキ」




新人「....これでよしっと。誰かに直接聞かせてやろっかなぁ
   皆で樽にお酒を注いだはずなのに事件は起きた!(キリッ
   って俺 そんな話をするようなフレいないんだった..たははw」


未だNPCが親友の新人アークス(もうすぐ2年)であった。
 
   
  
「(野良)部屋とNキーと私」

今更ですが緊急クエ「防衛線2」こと(侵入)の話です。
第一弾である(襲来)と徐々に新しい試みを投入してきた訳ですが
同時にPSO2というネトゲの弱点をモロに晒し出しています。

PSO2、自分も普段から散々ケチ付けてますがコッソリと
「ストレスが溜まらない様にうまく出来ている部分」がいくつかあります。
補助魔法あるないで戦力が変わってしまう事を避けたり「命中率」の撤廃
全クラスにオールラウンドな武器「ガンスラ」装備 PT組む面倒を省いても
マルチエリアで共闘できたり フレパの存在や PTでは個別ではなく
ザックリとした判定のリザルト評価 等々。

クエスト中だけでもこれだけあります。
また他人とのコミュニケーションに関する部分には 
「揉め事が起きるぐらいなら機能そのものをバッサリ落とす」といった
良くも悪くも清清しいまでの仕様となっています。

お陰で「PCからでも携帯機からでもお気楽にインして好きなスタイルで
いつでも遊べます。」といった初期からの謳い文句にウソはないのですが
そういったビニールハウスで保護された世界に「他人の行動が自分の報酬に
影響する。自分はわかっているのに!と叫んだところでどーにもならない」
そんな「違和感」。 それが「防衛線」だと思います。

ぼやけた表現になりますがこのゲームの開発、「削る」のは旨いんですが
「盛る」のは下手なんですよ。
更にスタートの負担や敷居を低くしたお陰で「300万ID突破()」と
なっていますが一度、楽な地点からスタートしたユーザーに
「徐々に高みを目指してくださいね!」と勧めた所で全てのユーザーが
それに沿うかどうかは、また別の話。

とは言え個人的な気持ちは「今の状況を鑑みてやがて実装されるであろう
第三弾は予定していた内容を大幅に変更してライトにしました」ってのだけは
避けて欲しいな、と。
運営にはここで引け腰にならずにウマイ落し所を見つけてもらいたいものです。



さて、細かい攻略については他に譲るとして僕からは

1)このMAPはY方向の移動が限定されていますがそれより
  X方向の移動そのものがネックとなります。
  最大の「味方」のハズの壁がライバルでもあります。
  左右上下への人員配置、時にはグっと我慢して動かない。

2)「白チャ」こと周囲チャットを活発にしましょう。
  1)を機能させる為にも伝わってないと意味がない恐れもあります。
  「思った」ら言う、「言った」ら実行する。
  「俺だけは分かってるのに!」って気持ちだけでは状況は変わりません。
  行動に出したからといって望む結果が得られるかは別ですが
  まずはそこから。

3)MAPを見ましょう。「いや見てるって」と思ってても実は
  見てるだけってなりがちです。意識しないと効果がありません。
  敵の沸き位置、他PCがどこへ向かおうとしてるのか。
  「自分は目の前の事でがんばったのに向こうの壁がガシャーン!て
  何でだよ!?何やってたんだ!」ってのはとりあえず無し。



p72

僕はマウス+キーボなので右上MAPが「Mキー」で中央の全体MAPが
「Nキー」となります。右上は拡大状態、中央は常時開いたまま。
通常のクエの時は中央は閉じたり開いたりですが「防衛線」では
開きっぱなしです。
「なんか戦闘やりにくそうだな」と思われるかも知れませんが
実際やりにくいです。(ぉぃ) でも慣れれば問題ないですし
目の前の敵がどうのこうのが重要じゃありません。

戦闘中、右側に10人寄ってて左側に2人しかいなかった、なんて事は
避けられるはずです。(先程の何で向こうの壁ガシャーンなんだよ!?って奴)
そうした所で万事うまくいくとは言えません。が、やらなければ最初から
うまくいきようもありません。
「変わらなくちゃ、も変わらなきゃ」ですね。(懐かしい)


ただPSO2のMAP表示。
今時のネトゲとしては底辺レベルの扱いにくさ。テスト時代から要望している
のですが全体MAPの透過率変更、縮小+移動、これ出来ないのかなぁ。
ぇ、携帯機版あるから無理?はははそんな馬鹿な。
以前「足かせになる事は絶対にありません」って誰かが言ってたぞ。











話変わりまして「EX森と龍」拡張について。

クリア報酬の原石が4個から15個になった事でグっと楽には
なったのですが(過去のパス消費は何だったのか...)
ただ、直前に「クラス調整」のアナウンスがあった事。
やはり目玉は「シュンカとSロールが弱体するかも?」ですかね。
これにより交換する原石は確保できたものの「ちょっと待ったぁ」と
水を差された形となりました。皆、交換を渋っているそうな。

加えて次回の「遺跡と海王種」拡張がもう実装されてしまう、と
いう事でどこへ投入すべきか慎重に判断せねばならなくなりました。
とか言っても「好きなの選べや」なんですが(笑


p73

追加された防具(★11)はボロボロ出ます。
前回の拡張の際もそうでしたが「沢山出ても倉庫圧迫するだけなんだけど...」
それでもEX防具は追加武器共々 毎回楽しみにしています。
画像は「ローズ系」?打撃職の服がモチーフだそうな。
脚パーツは出ませんでしたが、何と言うか...いかにもPSU携帯機版以降の
デザインの匂いですなぁ。





p74

えぇーと名前忘れた。法撃職の服がモチーフ。
左右非対称で肩はともかく腕と脚のアンモナイトが片方にしかありません。
凄まじく衣装を選ぶ防具となっております。ぬぅん(汗

p75










p76


p77

今回追加された3種のシリーズ中 おそらく最も人気の出そうな「ウィング系」
試着した瞬間笑いが....。カッコイイっちゃ格好いいんですが自分には
「バス@-ド」のアビゲ@ルさんに見えた。
大きな肩アーマーから下がっている帯4本はビラビラ動きます。
しかし最大のポイントは「脚パーツ」が従来の位置ではなく腰の後ろの布?
となっている点。
ごっついロボに装備しても良し、チビっ子に着せて
「アカデミーを主席で卒業した若き天才魔導仕」プレイも良し!

p78

この服がモチーフだそうな。ふうぅ....ん(棒
過去にも書きましたがEX防具は★11と言いながら性能がパっとしません。
ただ毎回「ちゃんと作っている」というか、手抜き感はない作りをしているので
その辺、どう受け取れるかですね。

つまり何が言いたいかと言うと
「数字より 見た目 大事」(ドォーン!





おわり。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR