スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモの話(7)

bf01.jpg
(c)ガンダムビルドファイターズ

まずはアニメ本編の方から。
「ガル&パン」以来、久々に来週が気になる作りです。
「あの機体が!この機体が!?」て言うのはもう置いといて
僕がこのアニメで気に入ってるのが上の画像の主人公2人組。
ガンプラオタクのセイ君(青髪)はともかくレイジ(赤髪)は
ガンダムに興味はないわ喧嘩っぱやいわ異世界の人だわ
居候だわ食ってばっかだわ(まじでド@えもん)

特に「ガンプラ作りのどこが面白いんだよ?」って態度は
普段興味のない視聴者の代弁者です。
更に拳握り締めて「てんめぇ~!」って睨むシーンが多いのですが
何故かこのキャラ「嫌味がない」んですよ。
一応この番組「子供向け」なので小さい学生さんに拒絶されちゃうようでは
困り者。なのでスタッフも描写に気を使っているようですし声優さんも
そのへん意識しているのか「ガサツだけど隣にいても嫌じゃない」
そんな人物に仕上がっています。
(懐かしのMSが出てくるというだけなら こうも面白くはならない)

さて先週の「フェニーチェとの一騎打ち」がとんでもない最終回だった
訳で(違)個人的には大貫さんと大張さんコンビという事も相まって
「俺がお前を作ったのは棚に飾って愛でる為じゃねぇ」の辺りから
鼻水たらして観てました。
(ただしこの番組の真髄はCパートに在り)
そして翌日には通販でフェニーチェのプラモが消滅したとか(笑)
中村はん...あんたフラッグの時といいこれで二度目やで。

週末予約しておいたダグラムとV2を受け取りに模型屋へ行く途中
「フェニーチェが売ってたら買ってあげてもいいんだよ。べ、別に
そんなに欲しいって訳じゃないんだからね!仕方なくよ!」と
ソワソワしながら到着してみると「フェニーチェ完売」.........

「んだよ!フェニーチェ一個残しとけってんだ!ダァホっ!」
心の中で叫んで泣いた。
bf02.jpg
(c)ガンダムビルドファイターズ

話は少し遡り番組前半でのシーンです。
セイ君のガールフレンド(ぷぷぷ)がガンプラに興味を持ち始め
組み終わったのでピースコンを貸して欲しいとセイ君の家でもある
イオリ模型店に訪れるとこです。

「とりあえず組んで塗装してみる」といった場合やってみるだけなら
模型の中で一番簡単なのは「戦車」だと思います。
ガンプラというか「ロボット」は人型ゆえ関節部分がある分、
実は面倒です。「航空機」は主翼の処理とコクピット周りの手順が
あるだけ、やや特殊です。一番ダルい(ぉい)のが「戦艦」ですね。
どれにしても突っ込んでいくと難しい部分はありますが大雑把に
捉えてください。(艦これって奴のお陰で戦艦モノも売り上げが伸びては
いるようですがガル&パンの時の戦車ほどではないって話、他にも
理由はありますが)
「ロボット」の場合、大抵はキッチリ色分けする事が多いので
マスキング→塗装の流れの連続となります。

さてここでそれら工程の中で一番のネックと言ったら何処か。

おそらく 「塗装スペースの確保」 これかと。

切った貼ったのやり方は知っている。塗料もどれを選択すればいいか
理解できている。だが「実際」色を吹く場所がない。
塗装しようとするとある程度の空間が必要になります。
換気の問題もあります。(それでも匂うが)家庭のあるパパさんは
嫁さんに許可を貰って肩身の狭い思いでコソコソ作業します()
学生さんの中にも「やってみたいけど、結局は無塗装で飾ってそれで
いいやってなっちゃう」て方もいます。
今やコンプレッサーとピースコンのセットなんてどこの模型店でも
手ごろな値段でありますがそれを存分に使える場所がない。

昔からバンダイが「いろプラ」とかドラグナーの時のカラー印刷とか
「塗らなくても完成できる」形にチカラを入れているのは周知の事実。

こればっかりは個々の環境の問題なので仕方ないのですがここで
全国の模型店に提案を。


「塗装スペースの提供」って出来ないですかね?

よくミニ四駆のコースを開放したり鉄道模型のディオラマを
設置する大型店はありますがお客に「塗装できる場所」を開放する
事はできないでしょうか、という話。最大の問題である換気をどうするか
ピースコンを詰まらせられると店の損害になるとか問題は多々あれど
「家でマスキングだけしてくる⇒お店で塗料買う⇒実際そこで吹いちゃう」
情報共有の場になるかも知れません。
昔からずっと思ってた事だったのですが今回の映像の中でアッサリと
やらかしてくれてたので ちょっと言いたくなりました。
素敵な出会いがあるかもね★(ねぇよ







bf03_convert_20140126220216.jpg

最初は全く買う気がなかったスタービルドストライク。
ところが初登場時の「ビームを消しただとぉ!?」等の演出も良かったせいか
「これが俺達の、ガンプラだぁーっ!」とガッツポーズして買ってきました。
(脱線しますがあの時のゲーマルク、とどめの一撃を避けてるんですよね
二発目でヒットしますがあれって周りも世界大会に出場するくらいの猛者なんだよ
って事なのかな、相変わらずこのスタッフは絵作りが理屈っぽいですな笑)





bf04_convert_20140126220259.jpg

本命はこっちの「ガンダムX魔王」
番組放送前からそのネーミングが話題になりましたが
本体はいたってマトモな改造?だったせいかやや肩透かしの印象。
だがしかし僕にとって番組中、一番のお気に入りだったりします。
一見ドコが違うのって感じの地味な変更といい、石垣さん特有の
コロンとした球状の頭部といい主人公の機体よりストライク!な変更です。
今月には元になったガンダムXがMG(1/100)で遂に発売となりますが
正直「X魔王」がMGとして発売されるかどうかは怪しいので近いうちに
HGでキッチリ作りたいと思います。(時間あんのかよ...)
(これは憶測ですしあまり言いたくはないのですが商品化の基準が
売れる売れないとは別に「誰がデザイン担当されたのか」も影響している
節があるからです。特にMGジンクス発売やヴェイガン側の敵MSの白紙化、
この辺り露骨だなぁと感じました)

ってこれ書いてる翌週にはスタビルとX魔王の一騎打ちっぽい。
同世代、どちらも大出力の一発を持つだけに対フェニーチェ戦とは違う
爽やかな(笑)戦いになりそうでこれも期待大。







bf05_convert_20140126220334.jpg

.......何て言ったらいいのかな。
例えばガンダムだと映像、模型、ゲームで継続中なタイトルなだけに
時には懐かしの機体にスポットが当たる事もあるのはわかりますが
こうも下敷きなしでポン!と出されると変な笑いしか出てきません。
内容は直球ストレートですので後は受け手がどうするか、ですね。
昔、噂でタカラ製のは金型が一部紛失したとか聞いていたので
もう復刻は無理かなぁ、と諦めていたタイトルだけにこれは嬉しい。
キットを目の前にして改めて言いたい。

「渡辺ありがとおおおお!!」(←誰









bf06_convert_20140126220413.jpg

コチラも「よくぞやってくれた」の一言。
以前にも書きましたが僕ぁテムジンはそんな好きじゃないんです。
でもシリーズ通してビジュアルで一番映えてたのってオラタンだと思うし
その主役機という事は つまりは「シリーズの顔」と言っても
いいんじゃないかと思うんです。
もう好きとか嫌いじゃないんだよな、これ。
しかもこれで三世代のテムジンが揃ったことになります。
しかもそれぞれメーカーがバラバラである。
コトブキヤのテムもまだなのに、これ...いつ作るんだ!?

ついで話ですが昔、新宿某西スポ店で日曜日、OMGの大会やってたんですが
その日は同時にオラタンのロケテスト日だった事がありました。
店の出入り口に大型モニター設置してたのですが通行人も気になって
立ち止まりすごい人だかり。ちょうどスペが連勝してたその時
僕の隣のオッサンが「スペ公なんぞサッサと倒しちまえよ!」って
野次ってるんですよ。.....あれどこかで見たような....
あぁDrワタリだ!つい「これ何割ぐらいすか」と聞いたら
「んー。6割、かなぁ」って(笑)
皆が「新しいバーチャロンの続編」を目の前に目を輝かせていた
そんな時代もありましたとさ。







bf07_convert_20140126220449.jpg

でもまぁまずはコイツ!(Vは現在塗装中)
V同様パっと見よく出来ているんですがよくよく見ちゃうと
「ん、んん、んんん!?」って部分があちこちあります。
V以上に気になる箇所が多いのでちょと悩み中。
可動させる事にこだわりすぎなために肩周り、腰周り、足首周り
この辺のラインがガチャガチャです。どーすっぺかなぁ。





毎週「ビルドファイターズ」を観ていて観終わった頃には
「こうしちゃいらんねぇ!プラモ作っぞぉ~!」って握り拳に
なっちゃうのは我ながら...単純なのか嬉しいことなのか。


おわり。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。