スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSO2 (5)

pso251
(c)SEGA

ようやく発売となったPSO2のサントラ第一弾。
今回は浮遊までの収録となっています。
なんで浮遊までなの?小分けにして発売なの?せこぉー!
...とまぁ思えなくもないですが、ユーザーなら簿存知の通り
このゲーム BGMが細かく分けて設定されておりそれを一通り
まとめて一曲にすると結構な時間になります。
非戦闘時、戦闘時それぞれが10分前後というなら浮遊まで、
というのも理解できる範囲かも。

さて普段はいい加減に聞き流しているBGMもジックリ聞いてみると
「かなり」凝っている事がわかります。森林非戦闘時に女性ヴォーカルが
入っている、なんて初めて知りました。どれもいい出来だと思いますが
森林(非、戦闘時それぞれ)が頭ひとつ抜けてる完成度に感じます。
ゲーム中ではよく「どのステージもイマイチだなー」と言われますが
意外な印象を受けました。

.....ところが、ですよ。
果たしてそれが「ゲーム」の中でうまく生かされているか?となると
これがちょっと怪しい。あまりに細かくめぐるましく変化してしまう
というのは場合によってはストレートに伝わらない事にもなります。
3月のコンサートの事前アンケートでヴァーダとクォーツ(どちらも
ボス戦BGM)が人気が高かったのも、「わかりやすい」からだった、
と推測します。
最大12人が能動的に動き回ってしまう状況にBGMを対応させよう、
というのは挑戦的と見るべきなのでしょうか。
ただ全てがどうか?というとそうでもなく例えばラグネ、ヴォルドラ
バルロドスといったボス戦時のような「ボス主導で形態毎の攻撃変化に
ユーザーが揃って付き合わされる場面」ではいかんなく発揮されています。
特にバルロドス戦が分りやすいかと。

初期ステージに比べて最近のステージはややポップ?というか変化が
見られます。(開発期間長いからなぁ)今後どうなっていくのか楽しみです





pso252

こちらは既に発売された「コンサートCD」です。
全3枚構成で旧3(4?)部作からの人は1枚目で泣いて下さい(←
2枚目でファンタシースターというゲームの変化と共にメインユーザーも
一世代変わったのだと感じて下さい。
そして3枚目(会場で流れた映像と壇上トークをまとめたDVD)で笑って下さい

「もう半年前かぁ」と一度聞いて片付けてしまうかと思っていましたが
意外にも模型製作時に流す音楽として現在もよく聞いています。
先ほど言った「細かく分かれている」PSO2のGBMも当然それぞれを「一曲」に
しなければならないわけで更に演奏者の皆さんの技量補正も加わり
とても聞きやすく気持ちがいいです。
浮遊から遺跡、またはヴァーダからクォーツそしてDF戦と文句なしに
「かっちょAAAAAAA!」です。

あとDVDではかつてジャイケル・マクソンにマジで勝ちにいった
「接待プレイ?知らんがな。いつでも音速だZE!」な男
中裕司さんがステージに上がるや独走モードとなり隣の女の子と
酒井さんがドキドキハラハラするのが見れます。当日行けなかった人にも
会場の雰囲気が伝わるのではないかと。
.....それとあれだ。僕ちゃっかり映っちゃってるYO!!
それが言いたかったんだろ、って突っ込みは却下だ。

以上PSO2音楽関係でした。



っとチャンネルはそのまま!
後半は当ブログでは珍しい?「クエ攻略」です。
現在人気大爆発 泣く子も黙るせつなさ炸裂なコンテンツ
「エクストリームクエスト」の勧め



.....すんません嘘いいました。
人気ないです。人いないです。募集部屋立てても埋まりません。

実装当時から言われてた事ですが「GETできる★11武器防具の性能が
微妙すぎて半年後に取れたとして、どーなのよ?」が見事に的中。
加えて運営のいつもながらの冴え渡る采配で そろそろ皆が取れそうな
この時期にスーパーハードを投入してきやがったせいで誰もやろうとしていない、
それが現状です。

まず先にエクストリームクエスト(以下EX)のデメリットから。


挑戦する度に消費するパスの入手が基本一日1枚の配布のみ。

システム上 メンバーの到達ステージを合わせないといけない。

誰か一人でも戦闘中のオーダーを失敗すると最後のお土産の数が減る。

「欠片」を集めて交換できる★11武器防具が微妙。

やり込むと段々アイテムが増えてきて倉庫の圧迫に拍車をかける。

限定された狭いステージの上に敵がLv60(更にオーダ失敗で耐性が
上がる)な為 職の有利不利はともかく「トロい動き」してると
チクチク文句つけちゃう人がいるかも。

回線落ちするとその時の階層クリアーとはならず、パスやアイテム
全てパー。

関心をもってやってる人とそうでない人との知識差。
実際は大した事ないのだが人が増えない原因のひとつとなっている。




こんなとこかな。
次にメリット。デメリットと矛盾する部分もあるけどまぁ読んで。


パスという足枷はあるもののメメタ払う訳でもなく勝手に貰える。

敵からドロップするメメタが多くブーストチケットを使うと
TAかそれ以上の収入となる。

グラインダーもかなり入手できる。

敵がLv60なので一部のスーパーハード対応のクライアントオーダー
を消化可能。割と密集した形の戦闘を高速でこなすパターンが
多いので終わってみれば経験値モリモリ。

ドロップする「欠片」を集める事でいつかは必ず★11に手が届く。
原石出れば尚良し。

更にEX限定でドロップのみで入手可能な★11武器の存在。





 以上です。
実に挙げた部分というのが背中合わせというか、要は
「EXの仕様を貴方がどう受け止めて楽しめるか」にかかっている。
ぶっちゃけパスを貯め込んで来るべき時に備えておくのもアリ。
このPSO2というゲーム、運営が定めた「価値」が時間の経過によって
無いに等しくなる事が多々あるので「今!コレが欲しいんだ!」と
割り切ってしまわないと なかなか手が出ないかも知れません。

逆にハマってる?人は「緊急くるかも?あー?どうでもいいっすわ
それよかクリアーまでいく事優先したい」といった感じが多いです。
最近自分もやっててわかってきたのですが少しずつ貯まってきた
欠片や原石を眺めて「もうちょいでアレGETやでぇニヤニヤ」という
部分が面白いかな。

「250%チケ使ってマルチぐるぐるした、レアボスまで
出てきた だが赤いのは一個もなかった」
これが続くとさすがにキツイ。しかも個人的な印象ですが
スーパーハード実装あたりから「ドロップ」の仕組みそのもの
が、ど~にも胡散臭い。
なんちゃらランキングとかブーストデーとか運営は現在必死になって
9月の事件以前の活気を取り戻そうとしてますが
それに付き合わされている、振り回されている感が最近すごかったので
かじりかけだったEXに目を向けた次第。
「EXってパス消費しなきゃいけないじゃないですか?」ではなくて
自分にとっての効率的な消費をすればいい、と捉えてみては如何でしょう。



さぁここまで前置きしたぞ。
てな訳で



pso253

獲ったどぉぉおおおお!!
★11ソードの「紅葉姫」という奴です。
こいつの潜在が「お天気の日はダメージUPよ」とお手軽お気軽
なので、3まで一気に開放したいけど....メメタ足りるかな。

あと★11防具もドロップしますがなぜか欲しいシリーズの部位は出てくれない
というパターンなので足りない部位は交換で補うという形になりそう。

あとEXについて注意点。
武器防具はコースによって違います(現在 凍土森林遺跡の3コース)
後々後悔なきよう事前に欲しい武器防具はどのコースかチェックを。

欠片90個=原石1個 
原石30個=魔石1個
魔石5個 =★11武器

ないしは 原石50個=★11防具(一部分)

交換条件は以上ですが落とし穴がありまして
「原石から魔石に交換できるが魔石から原石には戻せない」
一旦魔石にしてしまうと武器交換にしか使えません。
防具も交換する事を視野に入れるのならご注意を。
(ただし魔石は各コースクリア後の報酬の触媒で変換可能なので
どのコースの魔石にも変更可能です、あくまで原石には戻らないよ
、というお話)

またユーザーの中には「パスを売って欲しい」という人もいます。
これに応じるかどうかは自己判断で。

更に最近は「森林31~35周回」といったブーストチケ前提で
欠片集めに特化した部屋もあります。このパターンもいいですが
ひとまず1~50までクリアーしてしまうと原石4個は無条件で
お持ち帰りできます(道中ドロップの欠片と合わせて一回クリアで
原石7~8個にはなる筈です。触媒もGETです)

クリアしてしまうとまた1からスタートになりますが
こういった人は多いので「1~50クリア」と部屋立てても問題ないです。
下手に「35~50のクリア」といった条件で立てると人集めが
大変な場合もあります。

ただし1からスタートして50クリアを目指すとなると平均1時間半前後。
パスは当然10枚消費。一気にクリアで確実に原石4個確保が主な目的と
なるので途中下車は好まれません。時間とパスの確認を。
ブーストしてる人が多いのであまりに時間のかかる行動もNGでしょうか。
逆に言えばWB持ちキャラで行った場合「どこでWB装填するか撃ち尽くすか」
と進行しながら考えたりと(PT構成による)「忙しいプレイ」は楽しい。
ボケェ~っとやってると ついオーダ忘れてて「回復するな」という
ステージでメイト飲んでみたりして「おい!www」 「ごめ^^;;」
となる場合もあります。マルチぐるぐるとは違ってちょいと緊張感もって
進みましょう。(あくまでちょいと、ね)


他人との関わり部分のストレスを極力無くしたいと言うPSO2のコンセプト
(自分はテスト時代からそう解釈しています)からやや外れた格好のEX。
言い換えれば従来のMMOなんかでは よくある形式でありクエストです。
PSO2の中では異色かも知れません。そのせいか運営はEXを
「上級者向け」と謳っていますが蓋を開けてみれば

メメタいっぱいグラインダーもいっぱい経験値もいっぱい
必ずGETできるぞ★11 しかもドロップしちゃうかもよ?

とパス消費という足枷こそあれど見返が大きいクエです。
(徒労に終わるという感覚になりにくい)

そう、実は「とってもユーザーに優しいクエスト」なのですよ!

さぁ今日から貴方も「初心者です。ひとまず50までクリアしたいです
失敗したらごめんなさい」とかテケトーにコメント書いて部屋立てるんだ。

つまり何が言いたいかと言うと

「パスのご利用は計画的に」

以上。「エクストリームクエスト」の勧め でした。




pso254
「産廃とか言うなや!やってる奴はそんなの百も承知よ!!」
「数値だけが全てじゃNEEEEEEEEEEE!!」

......まぁそゆことさ。


おわり。










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。