ファイアーエムブレムが覚醒しました

fe00
(c)Nintendo

その前にひとつお知らせです。

「当ブログ名を変更しました」

どうやらアレな方向の単語とダブっていたようでアレな投稿きました(笑
自分としては苦笑で済むかも知れないけど相互リンクしてもらった方へ
迷惑がかかる、またはもうかかってるよ!でしたら申し訳ない。
お手数ですが必要ならばブログ名の変更をお願いします。ペコリ。
「あまちゃんのポンポコ日記」とかなら良かったのかな~。

話変わりまして例の「手ごわいシュミレーション」です。
難易度がデフォで3段階(ノーマル、ハード、ルナティック)とあり
現在ルナティック(以下ルナ)の5章、序盤ですね。
そこまでくる間、正直「こんなものか」と落胆してましたが...

ようやく盛り上がってまいりました!

注)若干のネタバレあります。
fe01

自分にとってこのFEシリーズは二つに分かれており
ファミコン~スーファミ時代 (例の裁判沙汰) それ以降
となっております。あの事件は個人的に家庭用ゲームに関する出来事の中でも
五指に入る気分の悪いものであり、その後のゲームボーイ版はやる気にならず
GC「蒼炎の軌跡」で「いったいドコへ向かっちゃってるんだ、てか作ってる人間も
どうしたらいいか困っちゃってる」感が半端なくWillは所持していないので
「暁の女神」はパスしました。(話ではやらなくてもいい、との事ですが)

「これは終わった」と思ったんですよ。
猫も杓子も「ライトユーザーにも楽しめるように」の中、家庭用ゲーム機で
シュミレーションて奴はどう生き残っていくのか。生き残っていくには
どうすればいいか。売り方を変えればいいのか。別の要素で惹きつければいいのか。
それともこのジャンルを見限るのか。

そんな中発売されたDSリメイク2作は予想通り...というか商品として
あまりにも半端な出来でした。元に忠実という訳でもなければ追加した要素は
内容に噛み合いもしない。(ただし追加要素に関しては気にいらなければ
使わなければいい、と選択は可能)この2作を以っていよいよヤバいゾ...と。
しかし数年置いて今回の「覚醒」となりました。




fe02

発売前のPVを見て「まさに総力戦で来た」と感じたので内容はともかく
やっておかねばあかん!と。この「覚醒」でこのシリーズをどうするつもりなのか、
というのが見えるのではないかと思った次第。
今回の「覚醒」、過去作を遊んだ人ならご存知のようにアッチコッチからシステムを引き抜いて
ゴチャ混ぜにしてあります。以前の記事で「担ぐコマンドは無いっぽい」と書きましたが
あるんですよね実際。「トラキア776」の二人一組となる「担ぐ」 あれは
舞台設定から自軍が資金的に苦しいが為に弱らせた敵を担いで武器を剥ぐ。
正義も悪もあったもんじゃない。
または傷ついた仲間を背負う。ただし担いだ場合パラが一時的にガタ落ち。
「どんな強者だって戦場で人間担いだらまともに剣を振れないっしょ」といわんばかり。
ところがそうしないと武器の在庫が底をつき詰みかねない。

「支援効果」ゆくゆくは結婚して子供に能力を引き継ぐ。「聖戦の系譜」の場合
カップルを間違うとちょっと切ない事にもなり、またカップルを成立させないと
「スキルを引き継がないユニット」が登場し後半の難易度にモロ影響してくる。

どちらにせよ過去の仕組みは駆使して当然だがリスクも伴うといった感じでした。
...ところがぎっちょん。「覚醒」の数々のシステムには「リスクがない」という
特徴?があります。使えば使うだけやればやっただけ有利に働きます。
以前の二人一組のイメージはどこへやら今作の「ダブル」はMAP上でユニットの数が
減るというシュミレーション的には致命的な、だが単体として見た場合能力の底上げ
確率発生する完全ガード+追加ダメージと盛りだくさん。
加えて「クラスチェンジ」を繰り返す事でスキルを増やし組み替える事も可能。

ちょーとまてよぉ...とノーマル中盤でこれ等をアレコレ試している内に案の定
「超スーパーウルトラユニット」が2,3完成してしまうのでした。
ここからが惨かった。敵のど真ん中へそれらの内の1ユニットを放り込むだけで
攻撃してきた敵が次から次へと倒れていく。仮にダメージを負ったところで自己回復。
自軍の「その他大勢」は一歩も動く事なく戦闘終了。

「時間をかけてやればいくらでもユニットを強化できリスクのないシステムを活用すれば
単騎で敵軍を殲滅できる」そもそも単騎なら先述のダブルの欠点である数が減る、という
のも問題にならない。

「これ、シュミレーションでも何でもないっす、キャラゲーっす...」

ノーマル終盤になっても敵の強さがこちらと釣り合わず、とっととクリアーしました。
地味なライン戦はビジュアルとして映えません。俗に言う「無双ゲー」状態なら確かに
「俺の育てたキャラTUEEEEEE!」と手ごたえもあります。これがやりたかったのか?




fe03

以前「難易度MAXモードまでやってみないと何とも言えない」と書いたのは実にこれ。
もしハードやルナでも同じ事になるようならまさに「ちょっとWill買ってくる!」と
なるところでした。不安になったのでハードすっ飛ばしてルナから始めてみると...
ぉお!?こりゃキッツイ!(笑
やっと自分にとって「はじまったー」て気分でした。敵が強いのは当然として
序盤ゆえ支援効果もさほど発揮しない。クラスチェンジもまだ出来ないからスキルも
充実してない。単純に「配置」「移動」「数字の引き算」 これのみ。
2章なんて逃げては削り削られ又逃げて...と何度もリセットしてあーでもない
こーでもないと楽しめました。しかもノーマルでは本編とは別に用意されるMAPで
「いくらでも経験値とお金が稼げる」のに対しルナでは制限がかかります。
本編を進めるには戦力不足、仮に無理やり別MAPで稼げたとしても今度は武器が消耗して
進行が詰んでしまう。資金難に陥る前に本編に戻るか否か。さぁ困った。
だがそれがいい。 そうですコレですよぉ。

DLCで金策しやすいMAP、経験値が大量に入るMAPというのがあるらしい。ここでそれを
使えば一気にイケるのかしら。でも買わない(笑
面白そうなら買ってもいいけど、程度に考えてたDLCですが結局何も買ってはいません。
正直、内容が...ちょっと残念かな。期待していたモノとは違いすぎた。

ノーマルをクリアーしてみて残念に感じた方はぜひルナを。
ようやくFEを遊べるよという感じです。ちなみにノーマルとルナでは敵の動きも
違うようです。ノーマルで試したのが「細い道で先頭にわざと弓兵(1マス飛び越えて
攻撃できるが隣接されると何もできない)を配置、そして敵の魔道士(防御値低いが
魔法を遠近撃てる)がどう攻撃してくるか」というもの。
見事にこちらの弓兵に対し1マス置いて攻撃してきた^^;これはないわ、と。
ところがルナではそんなおマヌケな行動はしてきません。「そこやめてー;;」と
全力でかかってきます。いやぁホっとした。

更に「ちなみに」ですが確率発生の仕様が「聖戦」仕様のようです。
カジュアルモードなら「寸前セーブ」が可能ですが何度リセットしてみたところで
結果は同じになります。つまりやり直しても必殺を喰らう場面は絶対喰らうし
LvUP時のパラの上がり方も変わりません。この聖戦仕様、当時も賛否両論で
利点も欠点もありますが僕はこれ好きですね。
DSの2作同様 今作も難易度が段階的に用意されてあります。これも賛否両論
のようで受け取り方は様々です。「選べるのは単純にいい事だ」とも見れるし
「開発はユーザーに丸投げした。難易度を煮詰める気はないのか?」とも。
少なくとも今回のルナモードはマシだと言える出来ではないでしょうか。

ところが問題も無いわけではないです。おそらく故意でしょうが「複雑で長時間かかる
ようなダルいMAP」は避けてるようで「覚醒」は全編通してMAPが単純かつ狭いです。
この為短期合戦になりやすく脚の遅いユニットが活かせるのはいいけれど
MAPクリア条件のほとんどが「敵殲滅」近場の敵と衝突戦で終わる事が多く
地形を利用した動きが必要ないのは少し物足りない。「またこんなMAPか」と。
杖ゲーなんて言われる「トラキア776」とまでは言わないけどもう少し
ややこしいMAPがあってもいいかな。(776は特定の杖を普段は温存し難所で使う
逆に杖を消費してしまったり使わない場合とてもしんどいMAPが多数)




fe04
皆大好きマルス(仮)さん。

過去謳い文句であった「手ごわい」部分は影を潜め、各キャラクターにスポットを
当てる事で感情移入しやすくし要所要所ムービーで盛り上げる。戦闘にしても
集団戦というより単体の能力に比重を傾けた今作。これがこれからのFEなのでしょうね。
複雑な気分ではあるものの、納得も...してしまう。
スタートした途端「バサバサバサッ!マルス様大変です。お城が海賊に攻め込まれました」
「落ち着いてシーダ。そんなこともあろうかとアリティア騎士団の出番です」スタート!
いきなりこれだけで戦闘はじまっちゃったら訳わからんよね。(逆に言えばだからこそ
ユーザーがあれこれ妄想し同人本がいっぱい出てきたんだけど。あの頃のゲームは)
携帯機だからといって正直舐めてたのですが要所で入る「覚醒」のムービー。
これがすこぶる出来がいい(笑 もうコッチ主体でゲーム一本作っちゃいなよと
言いたくなっちゃう程。(脱線しますが2巻で謎()の打ち切りとなったOVA、あれを
リメイクして完結まで持っていってもらえんかなぁ このOVAで初めて脚本の黒田さんの
名前を知りました。当時は「誰だろ?」でした)

PVでは今作を「集大成」と謳ってありますがこれが最後だとは思えない。思いたくない。
だって過去、作品二つを以って一つの舞台が完結してるじゃないですか。
詳しくは判らないけどそこそこ売れたようですし、何よりキャラ配信が完璧じゃない。
暗黒竜キャラは配信されたが紋章の謎キャラはさっぱりだ。聖戦キャラは配信されたが
776キャラはさっぱりだ。これは次回ってことでいいんだよね!?
グラ王国のシーマやフリージ軍のオルエンがいないとか!どーいう事。
あと絵を描き直すなら、もーちょっと..その..がんばって下さい。正直ショボいです。
過去のドット絵に完全に負けてます。(DSの2作品から言われてますね、これ)








fe05
主人公のクロムがイケメンすぎて直視できないワナ

ストーリーはあまりにもご都合すぎだろ...な上にペラッペラに薄い。
なのにムービーのキャラの表情はやたらいいし序章でマイユニットがクロムに手を引かれて
起き上がる時には手の甲に紋章があるけどEDでもう一度その場面が巡ってきた時には
紋章がなかったり(ストーリー上、意味がある)とその辺はキッチリしてるんだよね。惜しい。
敵に魅力がサッパリなかったのも残念。敵軍もこちらと同じように支援効果、更にダブルなんて
してくれたら面白いのになぁ。(超ややこしくなるからダメだろうけど)
ルナ終わってからハードで配信キャラ(いわゆるおまけキャラなので今作の有利に働くシステム
が適応されない)だけで編成してやってみようかな、とも考えています。
これなら敵と五分の条件だ!

個人的には「思ってた程悪くもない」し、こういう方向に伸ばすのはこれはこれでアリ、と
捉えています。上下分割画面とペンタッチも相変わらずこのタイトルとは相性がいい。
(ただもう少しタッチ操作、煮詰める事...できるよね?)
次回作 待ってまぁーっす!

おわり。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR