スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 シナンジュ

00_20120330000326.jpg

まず「原作」にあたる小説は以前から存在は知ってはいたものの
「外伝」やら「派生作品」にまで手を出す性格ではない為、
読んだ事はありません。

映像化された時も「いちいちそこまで追っかけてられるか」と
無視を決め込むつもりでした。
が、監督を古橋さんがやるという事で1巻から購入して見ています。

「っふ、ちょうど見たいものがなかったものでな、
仕方が無いから見ているのだよ」

ほっ本当だぞ!
01_20120330000324.jpg

....で、折角見ているのだから劇中に出てくるMSの内どれかを
作ってみようか、と思ったのが今年の1月。
正直どれもこれもピンとこなかったというとそれまでだけど
「じゃぁ、この赤くて3倍の速度の奴で。」



02_20120330000322.jpg

映像化する以前にMGシリーズ(1/100)で立体化されており、
データが活かされた為か はたまた開発の尽力か 
本キットはとても「優等生」といったところです。
組み始めてから終了までストレスを感じなかったというのは
素直に「すげえぇぇ...なんじゃこりゃ」でした。



03_20120330000319.jpg

04_20120330000316.jpg

「ガンダムユニコーン」(以下UC)のキットは作る予定は全くなかった
けれど蓋を開いてしまった事だし、しかも内容は上出来ときている。
という事で今回自分にお題を立ててみたのです。
「ある程度の自己満足を得られるラインをキープしつつ可能な限り手抜きをする」

...え~と「とっとと完成させろや」て事かな。何分やたらと完成させるまでの
期間が長い傾向があるのでちょっとした練習って感じ。キットが優秀だったのも
手伝って1月から始まり3月上旬には完成したんだから自分としては
驚異的な速さ。まさに3倍。



05_20120330000313.jpg

アチコチいじるつもりはなかったのですが少しだけ手を入れました。
モノアイが奥すぎるので位置を変えました。3巻でロトの貫き手を掴んで
見下すようなシーン、あれっぽくしたかったんです。
脚のサイドユニットはエルガイムみたいに開くのかと思っていたら
キットは開かない。映像見てると「あれ、開いてら(笑)」てな訳で
開閉できるようにし、盾は....サザビーの盾もそうですがとても好かない!
ので作るのやめようかとも思いましたが、寂しい気もしたのでこんな事に。

06_20120330000519.jpg

あとデザイン上仕方ないとはいえ材質の厚みが丸見えな箇所が
多いのと全身が金魚のヒレヒレみたいで嫌だったので切り落としました(ぉーい
赤+黒+金の配色もイヤラシク感じるので金から銀へ。

07_20120330000516.jpg

08_20120330000514.jpg

09_20120330000512.jpg

オーラバトラーかと思ったよ.....
好きな方には申し訳ないんですがUCに出てくるMSって
「絵でパっと見た時はかっこよく見えるんだけど立体で目の前に
置いて見ると...なんかつまんない」
ジェスタなんかその最たる例かと個人的には思えます。
デザイン全般、細かいとこ突けばギラズールの持ってるライフルの形状など
おそらく「わざと」やってるので その辺で好き嫌い別れそうですね。

10_20120330000507.jpg

11_20120330000504.jpg

12_20120330000637.jpg

13_20120330000635.jpg

14_20120330000633.jpg

劇中での説明ではめっちゃ強いらしいんだけど主役機のユニコーンが
なんというか、頭一つ抜けちゃってる性能を見せつけるので
このシナンジュちっとも印象に残らないのは残念。
作品の流れ上、やむなしとは言え3巻終盤に怒りMAXのバナージ君の
ユニコーンに押されっぱなしとは。ちょっとトホホ。

15_20120330000630.jpg

冒頭でも言いましたが小説の方は読んでませんしUCという作品のこと
詳しくは無いのですが、どーにもいい印象は持てません。
的外れな言い方になるけど「なんでメーカーが二次創作まがいな事を
全力でやってんだ?」て思うんです。
個人的な趣味ですが「0083」て奴も苦手でこの「UC」も同じような
匂いがしてしまったんです。

「ネオジオン万歳ーっ!」「当たらなければどうという(略」

どーしてもコレやりたかったんでしょうか。作品の一部分の表現でしかない
のだけど、正直薄気味悪い。4巻後半の懐かしのMS大集合、あれと共に出てくる
世の流れとズレて生きているジオン兵はまるで我々ガンダムオタクの姿そのもの。
あ、これが同種みて嫌悪するって事か。
それでも!4巻で好きなバイアランが出てくる、というのでその辺を楽しみに
していたんだけど いざ映像で出てこられるとなぜか興ざめ。
1カットのみの戦車もどきを見て「あー、森永のオマケだったっけ?」
格納庫で一瞬だけ写るオレンジ色の機体を一発で認識できるような自分みたいな
人間のために作られた映像。

.....のハズ。

なのになんで 自分の中で滑っちゃってるんだろうと思いました。
映像が滑ってるの?もしかして自分自身が滑っちゃってるの?
「バイアランて小回り利くんだー?地上じゃもっとズバァーって
すっ飛んでくイメージだったわー(棒」なんて映像見ながら考えてるようじゃ
作品も病気なら自分も病気だわ。

尺の都合上どうしても省略された形であるのは想像できるけど
場面ごとに「つぎはぎ」された感が強くあざとい表現ばかりが目に付きやすい。
「だからその裏にあるテーマを読み取れよ」と言われればそれまでだけど
最近の深夜アニメにしろ、ちょっとこの手の作品が多いね。
「CGによるエフェクト?すごくて絵は綺麗なんだけど見終わった後
なんか損した気分になるのは何故なんだ」
映像は商品買ってもらうための いわば「壮大な宣伝」なのだから
間違いじゃないんだけどなぁ。なんだろこのモヤモヤは。

「UC」もこの例に漏れず残り2巻(全6巻)でスッキリと落とし込んで
くれるのか?と疑問ですがとりあえずは5巻を待ちましょう。
それでも部分的ながら好きなとこもあるんですよ。
宇宙育ちの少年少女2人が拡張していくコロニーの内壁を見上げながら
「世界が広がっていく...」とつぶやく空気。
強化人間の少女にオバ様が「生命は痛みを伴って女の腹から
生まれるというのに男ときたら...」と言う。
時と場所は変わり主人公の少年にオジ様が「男の一生は戦いだ」と。
どうも監督さんはバナージ君を可愛がってるみたいなので
最後の結末がどうなろうと構わないしMSの描写を減らしてでも
あの少年が何をしたくて どうしたんだ、と最後まで
書ききってくれる事に期待します。
 ここまで散々言うといてアレですがバナージ君、
すごく面白い子ってのが自分の中にはあるんです。
あと残り2巻、最後まで付き合うか~って気にさせてくれるのも
あの少年が理由かな。

おわり。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コメント書くところを間違えたので本来のところに返信(*'ω'*;)

そうそうUCは久しぶりに中年大活躍で良かったのです
完全に偏見でしかないのですが
殆どの平成ガンダムは美男美女ばかりの戦場で寒い
戦争の重みを知った熟年層が活躍してこそガンダムと思ってます

イケメン若者同士が戦争論語ってもまるで共感できない
無骨な軍人とか泥臭いキャラクターが沢山出て欲しい今日この頃なのです(*'ω'*)b

古い地球人よ~

足のバインダーを開閉可能にしたのはすごいですね
自分も開くと思ってたから素直にグッジョブな改造だと思います
ダメな人にはダメかもしれないマーキングや穴は
情報量が一気に上がって1/144とは思えない密度になってるから大好物。
でも金色を銀色にしちゃうとかなり地味になりますね…
以前の作例を見ると納得な改変だとは思いますが!

>「絵でパっと見た時はかっこよく見えるんだけど立体で目の前に
>置いて見ると...なんかつまんない」
シナンジュは高機動型のガンダムタイプに近いMSだから仕方ないけど
サザビーやナイチンゲールを知ってるとどうしても見劣りするね…
カトキ大好きだしUCのMSデザインそのものは
すごく良く出来てるとは思うのですが
基本的にリメイク&アレンジデザインばっかり。
だからこそ昔からのガンダムオタクには受けがいいんでしょうけど
0093年に逆襲のシャア、0103年に閃光のハサウェイがあるから
0096年のユニコーンはもうちょっと冒険したMSが出てもいいと思う!

>世の流れとズレて生きているジオン兵はまるで我々ガンダムオタクの姿そのもの。
的確すぎてちょっと笑った
正しくそうですね、全員が全員ではないでしょうけど
UC持ち上げてる人って新しい物は認めない&自分が理解出来ない物は理解しようとしない
まあ、年を取ると人間誰しもそうなるのかもしれませんが。

30年以上続けばもはや闇鍋状態

>ミラちん
あ、コメントの場所ね。...だと思ったw
大丈夫、問題ない!(←言ってみたかった)

>リョンくん
こんばんみ~ん。読んでて思い出した。というか忘れてた。
今回のって昔MSVのマインレイヤーをデカール貼って
赤く塗装してシャアザクにしたのを思い出して「じゃあ当時の
ノリをそのままこのシナンジュで!」という事だったんです。
文章にするのを忘れてた。
当然「UCのMS」としては違和感ある訳ね。というか作った本人が
完成した時「ないわぁーw......なんだこれ.....ま、いっか」と
一番びっくらこいた。

詳しくはないんだけどUCの.....何ていえばいいんだ、
「キメラ的な」デザインておそらく勝手に単独で決めた訳じゃない
だろうし(角割れのギミックなんかカトキさんはむしろ難色示したとか?)
「やっぱこの記号は作品に放り込んでおかないと!」と商品として
避けられない部分てあるよね。それで歓喜するか、そこが鼻につくか
....これはもうどーしょもないと言うしかない、と考えます。
UCはお話もそうですがデザインも「わざと」やってるからなぁ....。

MGマラサイやHGネモ発売決定は「おっ!?」って思ったけど
だったらあそこまで活躍させたバイアラン(カスタムだろうが構わない
どーせ弄るだろうし)を完成品じゃなくてHGで出せよ~!って
思うのは欲張りなのだろうか(笑)

RX-78が黄か白か思い出せない

disった訳じゃなないけど感じ悪かったらすいませんね!
金色→銀色に関しては
兵器っぽさ重視としては全然アリだと思いますよ、渋カッコイイ。
まあ、ΖやΖΖのブレードアンテナが
黄がいいか白がいいかみたいなもんかと。

>「キメラ的な」デザイン
装甲の分割ラインが細かくてごちゃごちゃしていて生物的って事?
デザイン画の情報量の多さは時代のニーズだろうし
UCのMSは懐古主義すぎる意外は特に問題ないんじゃないかな
ユニコーンが超兵器すぎるかもしれませんが
Ζ、ΖΖ、EX-Sの変形合体機構とかにに比べたら
全然かわいい変形機構だと思いますけど…

>完成品じゃなくてHGで出せよ~!
バイアランって少しサイズが大きかったから
メッサーラと同じくHGUC化が難しい部類なんでしょうね
ロボ魂のバイアランカスタムは
本当に商売上手だな~とプランナーに拍手を送りたい気持ち。

バライアンと間違えてた時期もあr

あーごめん!言葉足らずでした。
「キメラ的な」
前回言おうとしてたのは「脚がZZで肩周りがメタスなリゼル」
といった過去デザインをゴッチャにしてひとつにした物
→頭ヤギ胴体ライオン尻尾ヘビ→キメラ(キマイラ)
と例えたつもりだったんです。
本当はウルトラマンAだったか、それに出てくる
「頭レッドキング耳イカロス星人お腹ベムスターの合体怪獣」
と例えようとしたら怪獣の名前が重い打線!もとい思い出せん!
......という訳で仕方なく「キメラ」としました。あはは、すまない(汗

ただ、この「どこかで見た記号が満載な~」というのも
それが悪いという事ではなく元々のスタートが小説であり
映像化したといってもテレビで毎週やる訳でもないから
作品の知名度はなかなか広げられるもんじゃありません。
だから少しでもお客に振り向いてもらえるようなフックを
この「UC」という商品に盛り込まなければいけない。
自分はそう感じました。
(初っ端のクィンマンサもどきとジェガンの勇姿で好き嫌いは
さておき、ものの見事に我々は引っ掛けられた!こんな感じ?)

人それぞれの琴線に触れる部分、なんて拾い出したらキリがない
けどそれでもなるべく多くの人に「あぁコレだよコレw」と
興味を持ってもらいお金を落としてもらう(ココが重要)というのは
製作側も好きに作っているようで実は胃が痛いんじゃないでしょうか。

話を無駄に広げてしまうと 「今まさにPSO2がそんな状況」
という気がします。

キレてないっすよ

クシャトリヤ = クインマンサ小型化コンセプト
デルタプラス = 百式→デルタガンダム→デルタプラス
リゼル    = リファインΖⅡ

うーん、UCのウリはこういうMSV的な要素だと思ってたけど
デザイン流用が多くて尼寺さんはそれがお気に召さない感じ?
プラモ派からするとUCのMSってあんまり魅力感じないのかな。
多くのガノタはドマイナーなMSの登場や
約20年越しで発展型が発表されたりで喜んでたとばかり思ってましたが…

>だから少しでもお客に振り向いてもらえるようなフックを
>この「UC」という商品に盛り込まなければいけない。
う、うーん…、逆シャアの3年後の話な訳だし
旧MSやMSV系が出て来るのはある意味当然とも思えるけど
もっとジェガンやリガズィまみれの方が良かった?

>製作側も好きに作っているようで実は胃が痛いんじゃないでしょうか。
UCに関してはスタッフもガノタ率が高いでしょうから
ジュアッグだのゾゴックだの出して楽しんで作ってるんじゃない?
宇宙世紀の新作なんて10年以上ぶりだし
スタッフの熱意をすごく感じましたけど…


>話を無駄に広げてしまうと 「今まさにPSO2がそんな状況」
ここ10年のゲームもアニメもリファイン!リメイク!
って風潮がウンザリする気持ちは自分もわかるけど
今は採算が取れないとバスバス切られて
続編も似た系統の新作も作られなくなってしまうから
ここまでお金かけて作られたPSO2は素直に喜んでいてかなり期待してます。

尼寺さんは少し前の記事でPSO2を新鮮さがないとボロクソに叩いてたけど
ガード、回避、コンボと新システム追加しまくったポータブル系が
アクション性高めすぎてとんでもなく面倒臭い事になっていたし
2,3時間連続でプレイするゲームには
これくらいのゲーム速度がちょうといいと思いますよ
ぶっちゃけこのシリーズもプレイヤーの年齢層が
どんどん上がって来てますから…、何事もほどほど!

自分は意見をぶつけるのが好きなので悪意は無いからあしからず!
プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。