スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 スサノオ

01.jpg

「ガンダム00」においてフラッグを開発したスタッフが急遽
特定のパイロットの為に作った試作機。
なんでこんなイカれた格好なのかは本編見てね、という事で。

02.jpg

そもそもこいつのパイロットというのが「画面に出てくると
流れ全部持ってっちゃう困った人」だった為か 
消化する事柄満載の第二部では予想通り本筋から外され
完全に蚊帳の外、だった訳です。当然この「スサノオ」も
出番が少ない.....にも関わらず意外と人気はあった?のかな。


03.jpg

ところがぎっちょん。「00シリーズのプラモに外れなし」と言われていた中で
このスサノオのキットだけは評判はイマイチだったようですね。
細い関節にポリパーツ組み込んだせいであちこちタイミングがおかしい。
というかあのデザイナーの絵っていつもトリッキーというか。
ブロックの繋がりが把握しにくいと思うのは自分だけだろうか。


04.jpg


05.jpg

ただし悪いと言っても個々のパーツは充分な出来。
ならばチョチョイと弄っちゃいましょう、となりました。
あ、そこ!「設定ムシしすぎ!」とか石投げないように。
時間かけすぎてもアレなので簡単にできる範囲で変更しましたが
腰のバインダー? あれは物理的にすんなりと収まらないだろ、と
最初は腰の後ろに持っていこうかと思ってたのだけど(燕尾服みたいな)
それじゃさすがに「スサノオ」にならない、と思い脚に移動。


06.jpg

本編では「鎧武者」ってイメージだったのかな。ただし個人的には
スサノオって「水面を走る忍者」とか「アメンボ」とかそんな風にしか
見えなかったので自然と改造もソチラへと流れていきました。
しかしフラッグといい相変わらずほっそいのぉ!
こんなんで斬り合いとか(笑)


07.jpg

08.jpg

09.jpg

この「イロモノ」なデザインが第二部をある意味象徴してる気がする。
「第一部の方が好きだ」て人には.....えぇ~...だったかもね。
自分もだけど。


10.jpg
11.jpg
12.jpg
毎度ながら大きく見る場合は画像クリックして下さい。


13.jpg
14.jpg

ただ救いだったのはスサノオを経て劇場版でのブレイブが完成する
というトコでしょうか。ヴレイブの変形時の音かっこいいです(音かよ!)


01.jpg

ところで00てアニメ、初めて見た時どう思いましたか。
実は1話見て「つっまんねぇーぃ!」だったんですよ。
来週もこんなんだったら見るのやめようと思ったぐらい。で2話見てて
「あれ...」と途中でなんか引っかかる瞬間がありました。
ティエレンがアンフを打ち倒して噴煙の中を抜けていく。

ホントどうってことない絵だけど「なんか鬱陶しいな」て。
なんだろなぁと思いながら最後のシーン、ガンダムと初対決するライバル役?の台詞。
「君の存在に心奪われた男だ!」

あーこれだ。1話から感じてた煩わしさ、というか。
試しに上の台詞 言ってみて下さい。.......面倒くさいっしょ?
初対決でこの台詞で2話はEDに入るのだけどもっとズバっと一言で
いい気もしませんか。わかりやすく。

更に第二部でマスラオ(初登場時はマスラオ、後に調整入ってスサノオ あぁめんどくさ!)
これがなんでもないだだっ広い荒野の上空でいきなりガンダムと対峙する際。
「アフリカタワーでの出来事を知れば必ず(ここで)会えると信じていた!」

00ってどの場面でも大抵こんな感じなんだよね。
いつどの場面でも「なぜ誰がいつ其処で何の理由でそう言いそうしたのか」
という理屈が絵にこびりついている。
30分の映像の中で常に場面毎に初見では掴み損ねるかもしれない説明が
付いてまわる。台詞にしてもその場面そのものにしても。

スタッフの熱意故であろうしそこが実は00の面白さ.....なのだけど
リキまずに「ひとまず眺めてみる」だとコレが却って邪魔で仕方ない。
誰だって「なんだかよくわからんモノ見せられたら拒否る」よね。

いっそキィーンズガガガァンそこかぁ!?バキィーン!て30分やって
くれれば もしかしたら子供にも受けが良かったかもしれない。
劇場版でも最終機体のダブルオークアンタが敵をメッタうちしてくれれば
観客の大半の「....マジでぇ?....全然戦わないじゃん...つまんね」
とはならなかったかもしれない(自分が行った映画館ではこうだったし
幕が上がった後、帰る客のほとんどがブーブー言うてたのが聞こえた)

「なにもガンダムでこれやらなくてもいいじゃんか」

それも分からなくもないけど これこそが00(ダブルオー)だったのよね。
常に鬱陶しい理屈と付き合うのが「つまらん、爽快感がない」と感じられるか
いちいち理屈を穿り返しながら目の前の映像を「楽しい」と感じられるか。
コレばっかりは人それぞれ。
自分は思いっきり後者で この諸刃の剣のような手法のアニメに
「心奪われた」訳ですが。

そんな自分にとっては第一部から第二部そして劇場版までの流れから
最後にあの機体で「俺は戦う為に来た訳では...(ない)」と
ロボット物で最終戦の最中、戦闘を拒む(別の手段を求めた)場面で
「...だよなぁ」

と一人満足しちゃってたんです。あそこでクアンタが無双やらかしたら
僕がブーブー言ってただろうなぁ(ぉぃ

オーディオコメンテータリーで監督も言ってたけど同時期に他の
「ガンダム」と付くタイトルが走ってたのもラッキーだったかも。
現在「ガンダムUC(ユニコーン)」の商業的にがんじがらめの映像を
見ていると はたして00も単独だったらあのままの内容が許されてたかどうか。

ともかく次はヴレイブいっくぞぉー! 終わり

コメントの投稿

非公開コメント

本文に5回以上相槌してた

トライパニッシャー!トライパニッシャーの写真はどこ!?

っていうかこれ1/144HGですか
デカールや細かいディティールアップがすごくて
ダブルオーもそうだけど写真だと何度見ても1/100に見える…

本来のスサノオはデザインもミスターブシドーも含めて
ちょっとネタに走りすぎてライン道を踏み外した感があったけど
このスサノオのアレンジは
フラッグとブレイブの中間らしさが出ていてすごくいいですね
肩の造形がブレイブとそっくりな事を
このスサノオを見て初めて気付いたくらい。

最初はGNコンデンサ?GNクロー?の位置変更が
手元に来すぎててどうなのー!?とは思いましたが
代換の腰パーツがカッコイイし
GN-XⅢ流用のディフェンスロッド盾もちゃんと右手に付いてるし
+要素が多いので帳消し!

この写真を機に1度しか無いスサノオの活躍をチョロっと見てきましたが
スサノオのダブセもGNソードⅡも
刀身のみでビーム刃が出て無いと見栄え悪いですね…
マスラオの長いビーム刃なツインセイバーはカッコ良かったのに
設定だけで映像に反映されないスサノオかわいそす… (´;ω;`)

本文に関してはほぼ全部同意ですし、
自分もブログで似たような事をたらたら書いてるから割愛!
尼寺さんアレンジのブレイブ期待して待ってますよー

ユニオン整備員「ぶっw角かよ!」

こんなデザインだけどユニオン系。
作る前から決めてた事はひとつ。

「1/100フラッグと無理やりにでも並べられるようにする」

これでした。最終的には1/100の大きさで
フラッグ>>スサノオ>>ヴレイブ>>最後にGNフラッグと作って
並べるんだ!という野望がですね(以下略

メタリック>>マットときているので今度のヴレイブはどーしよか、と
考え中です(しかも青主体だしなー)

自分もマスラオのツインセイバー状態の方が好きなんだけど
「ビーム刃だからフィールド貫通できねぇじゃん」

「じゃ実体剣 いっとく?」

「まさかの白羽取りだよ!へし折られちゃった!!」

あの流れでもう全て許せた!
プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。