スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュナミス15

デュナミス15 01
(C)2011 5pb

「絵は好きかなぁ、しかし今更この手のはなぁ^^;」

寝る準備をしている時間に体験版を落とし歯を磨きながら
デモムービーをチラっと眺めると声優陣の中に懐かしいお名前が。

「し、まもと、す、み、?」

これ高校生の話...だよね?
デュナミス15 03
(c)2011 5pb

「ちょっとそれどーなのよ!?」
という事でサントラCD付の限定版を買うに至りました。(←ぇー

実際のところ「まぁ正直厳しいけど...そういう事じゃなぃっす!」
それを言うと主人公を演じた東地宏樹さんも高校生か、と問うと....
でもそんなの内容を進めていくと気にはなりませんでした。
(クリア後に聞いたトークでは案の定2人はその部分を気にしてるようだったが)


デュナミス15 02
(c)2011 5pb

あ、東吾君カオ切れちゃった
好印象だったのは「キャラがすんごい分かりやすい」
体育会系でまず行動!の主人公(どーしてもプトレマイオスの...略)
綺麗ドコロで一見ヒロイン?と思いきや実は一番普通な子(自分的に)
序盤からぶっ飛ばしてくれる上に最後にもブっ飛ぶ子
チャラ男と思わせといて「この年の男子てこんなもん」なほんとチャラい子
重要そうな配置なのに空気な子

表裏含めて役割分担できてたせいか序盤の掛け合いは楽しめました。
先程の「高校生として声が」と矛盾するようだけどキャラの立ち回りと
声にズレがない、と感じられたのも楽しめた点かも。
(だいたい声とキャラの年齢なんて言い出したら高校生役は実際の
高校生しか出来ない事になっちゃうじゃん!)


デュナミス15 04
(C)2011 5pb

このゲームの一番面白い所と思えたのはシナリオを書いたのが女性という点。

細かい部分の描写がいい感じではあるのだけどおそらく男性から見た場合の
相違点として挙げられそうなのが倭一花の「2章」
「ブラック一花キターwww」と見るか「これ...女だと割とある感覚じゃない?」と見るか
ゲーム展開よりソッチ?の方が面白かったかな。


デュナミス15 05
(C)2011 5pb

デモムービーを見ていて何故か彼のシーンがないので「こいつ黒幕だろ!」と
思って内容を進めたら実は彼がヒロインでした、というオチ。(クラリスかっちゅーの)
異論はないよな!うん。個人的には一番輝いていたキャラでした。

 このゲーム「ループ」「遺伝子、クローン」色んな要素が含まれてはいるが
製品版で全体の尺を短くしたのかネタを散らかしたまま最後へ辿り着いてしまうので
クリアしたあとで感無量でごわす!とまではいかなかったのが唯一の残念なとこ。

最後の眞波ちゃんパワー(笑)あれは構わないんだけど序盤が良かっただけに
終盤が少し物足りなかった、のは恐らくプレイした人なら誰でも感じたのではないだろうか。

その代わりといってはなんだけど終始流れるBGMは心地よいし(サントラCD聞き応え有り)
力まずに話の展開を眺める分には充分な内容でした。

そうだ忘れてた。

唯一の残念な点。他にあった。
ネット上でも言われてるようだけど もし購入するのなら
「公式は見るな」(ぇ
「デモムービーは見たら忘れろ」(はい?
「ジャケット裏は絶対見るな」(ムリだろソレ
多分故意だろうけど公式がとんでもなくネタばらししてるのでそこだけ注意!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。