FC2ブログ

M41アメリカ軽戦車(1/35)

m41
「M41ウォーカーブルドッグ」1/35 (田宮)


第二次世界大戦後に開発された米国戦車です。
大国には大国なりの複雑な事情があったようで
大量にスーパー強力な戦車をドカドカ生産するには
いかなかったそうな。

と言ってもソビエト相手に手を抜く訳にはいかない訳で
そんな中、生産された軽戦車がM41です。
軽戦車なのに大層な主砲積んでる・・・・
既に戦車の概念が変化しつつあった頃だと記憶してます。

関心があった当時の人なら覚えているかも知れませんが
なんと我が国の陸上自衛隊にコレいたんですよ。



m42



m43



m44


m45



m46

という訳で昔(・・・昔と言っていいよな?)の戦車なのでキットも
相当古いモノです。 車体内部のモーターライズ仕様の跡が
涙を誘うのだ・・・・。
僕は米国戦車が今でもそんなに好きではないんですが
チャーフィーといいコレといい、以前から再販され
店で見かける度に購入、気づけば小隊組めるぞ状態でした。

去年から続いていた「PSO2ヒュマ子」の修正が年末から
2月辺りまでの猛烈な寒さで中断、ようやく再開してあと一歩の
所なんですが、「サクっと組んでババっと塗って完成!」病が
起き今回こいつを引っ張り出してきた訳です。 んごおおお!




m47




m48



m49



m410

キットはさすがに古さは否めなくモールドがややダルい感じ
ではありますがパーツの合いはバッチリ。さすがやでぇ・・・

ストレートに組んでほぼ手を入れてません。
塗装は毎度の「カラー指定?知らんがな」の精神で
暗い色を吹いてから徐々に明るい色を乗せつつ
グリーンやらイエローやらブラウンやら気の向くまま
ベタベタと筆塗り。(実物とは色が全然違います)


m411



m412



m413



m414

このキットの話題でもあり問題点の「兵隊さんの頭がでかい!」ですが
近年のモーションキャプチャーを元に作られた兵隊フィギアと比べれば
一目瞭然。他のに差し替えようかとも思いましたが、
あえてこのままにしました。頭だけじゃなくて全体的に何というか
ゴリラしてるんだよね、これ・・・(笑







m415



m416



m417



m418



m419



m420

ご覧の通り、めっちゃ筆の跡が残ってますなぁ。
画像見て自分でもビックリ。
「だが それがいい」・・・としておこう!

m421

本キットはパーツ数も少なく、当然箱も薄い。
お値段も今のガンプラと同等、いや安いぐらい?
関節パーツがどうの左右同じの作るだの
そーいうの一切なし! お勧めキットです。
人気あるのか再販されてもお店から消えるの
早いんだよね、これ。



おわり。








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR