スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真女神転生4ファイナル の話

真4F
「真女神転生4ファイナル」

発売から既に1年以上経ってるはずですが
未だにダラダラやってました。
本編とは関係ないエンドコンテンツ?と呼んでいいのかな
ずっとやってたのですが「ファイアーエムブレム・エコーズ」が
発売されてしまったので、これにて終了です。

タイトルに「ファイナル」なんて付いてるから「メガテンおわり?」と
勘違いしてたんですが、そーいう意味ではありませんでした。

以下、「真女神転生4」を「無印」
今回のを「真4F」とします。

注)ネタばれあるよ!

「無印」は面白い試みもあれど、何処かもどかしい
これナンバリングでいいの?過去作のジャーニーの方が
よっぽど「4」に相応しくね?って感じでした。

アトラスがゴタついてた時期と被りますしスタッフも納得は
してなかったようです。 かくして「真4F」が誕生した訳ですが

今回、大半の素材は流用、「無印」のいよいよ最終決戦だ!って
部分から別の物語が始まる・・・・・・という内容です。


★ココが凄いよ「真4F」★

「MAP(3DSの下画面)の使い勝手が良くなった」
ゲームスタートしてまず驚いたのがこれでした。
3DSのペンタッチと相まって欲しい情報をストレスなく
得られます。

「悪魔に個性が付いた」
無印の・・・何というか雑な(笑)設計を見直し、
得意、不得意が付いた事でカスタマイズに悩みます。
無印の時のように雪女が他の悪魔と同様にアギ系を
使いこなす、なんてのは出来なく、より長所を伸ばす
方向でプレイしてて納得です。

「BGMに表情が付いた」
これもスタート時にビックリした部分。地下街ののどかな
音楽からして無印にはなかった雰囲気が出ています。

「クエストが分かりやすくなった」
アッチコッチ行って手探りだった無印と違い、主人公が持つ
スマホでお知らせしてくれる親切設計。


・・・・・・他にも様々な部分が改良されています。
「最初からそうしろ」って?ハハハ・・・ですよねぇ。
でもまぁおかげでつまらん部分でイライラする事もなく
没頭できるのが「真4F」です。



しゃー

この変なオジサン、じゃなくて魔神「ダグザ」さん。
序盤で命を落とした主人公にとり憑くや、復活させて
「俺の操り人形になれ」と言い出します。
「俺には事情があって出来ないがお前が代わりに
神や悪魔をぶっ飛ばせ、ついでに創造主とやらを
倒すのだ」とムチャ振りするんですが・・・・・・

ボイスが3倍速い赤い彗星の人なんですわ。
人の愚かさを説き、しがらみを破壊して
人は進化せねばならない。とかあの声で喋るの。
狙ってるよね()

終盤、神や悪魔ではなくなぜ人間でないと
創造主とやらを倒せないのか?が判明しますが
この辺の下りは中々楽しめました。



まーめー

無印の主にボス担当の悪魔を違う業界のイラストレーターが
担当してましたが総じて不評だったみたいで今回ボス系と
一部はアトラスの人が描き直してます。
画像のマーメイドもそれですが発売前からキービジュアルとして
扱ったりで、マーメイドさん大人気な模様。




ほいでは個人的に仲魔(誤字ではない)TOP10いってみよう!


おでん2
「オーディン」
かっちょええボイス、何より戦隊モノに出てくるような悪の大幹部な
風貌。手にするグングニルはデフォで物理貫通付き、
雷の扱いはトップクラス、風が弱点だけど何故かLvアップで
風に耐性が付いちゃう。チカラと魔、両方よく伸びる珍しいタイプ。
元ネタ通りの文武両道なお方。




くれおぱ2
「クレオパトラ」
とっても・・・・素敵です(ぉ!
デフォで「ハマ貫通」を持つ上に風も氷も得意ときたもんだ。
敵の防御を一気に最低にまで下げる固有スキルは
冒頭で述べたエンドコンテンツ「東狂」(←誤字ではない)の
魔人相手に重宝します。




ありんす2
「アリス」
アリスたん、はぁはぁ・・・・・うそうそ冗談です。
強力な全体範囲ムド系の固有スキルを持ってますが
特筆すべきはありとあらゆる状態異常を受け付けない
という部分。(屍だからなぁ)
プレスターンバトルにおいて弱点突かれたり状態異常で
こちらのターンを潰されるのは全滅への序曲となるので
密かに重要。全ての状態異常をデフォで無効化できるのは
コイツだけだったりする。




まりし2
「マリシテン」
うぐぐぐ残念!前回のトップの座から1ポイントだうん!
(久米宏の口調で)
「真4F」の鬼神ってドイツもコイツも脳筋さんばかりなの!
魔法がダメでも物理も突き詰めればイケるんですが
あと一歩、何かが足らなかった。












さて栄えある1位はああぁああ!











まめー2
「マーメイド」
ごめんなさい・・・勝てなかったよ・・・この誘惑に・・・


以上、真4Fの仲魔トップ10でしたー!












pt

冗談はさておき、「真4F」、メッチャ楽しめたのですが
不満がなかった訳ではないのです。

物語を進めるにつれて主人公の周りにどんどん
仲間が増えていきます。
「リーダーについていくぜ!」
とか
「仕方ない、悪魔討伐が完了するまでだ!」
とか
「君と同じ道を歩むとしよう・・・」
とか
もうワラワラと!ついてくるんですよ!

ドラクエっすか!?FFっすか!?

今回、EDが2種類あり「皆で協力して悪い奴?を
倒したぞ~!」ってありふれた絆ルートと
魔神ダグザの言うまま、神や悪魔は勿論共に戦ってきた
メンバーすら全滅させ自らが唯一の存在になる
みなコロコロルートがありまして、都合上メンバーってのは
必要だったのかも知れません。

がしかし
物語が終始、主人公の目の見える範囲のやり取りで
終わってしまい「今、東京はやばい状況なんだ」感が皆無です。
終盤、大人が「くそっ俺達じゃどうしようもならねぇ!
お前たちだけが頼りだ!」とか言い出した時は、さすがに
どうなんだこれ・・・・・と。

これは利点とも欠点とも言えますが「無印」の時は
悪魔がはびこる東京で地下に閉じ籠るしかなかった
人間が「何とかしないと!でもどうすれば・・・」ともがく姿が
ありました。描写が分散した為、物語の全体像が
ボヤけるといった問題はあったのですが それでも
「苦しみながらも生き抜く人間達」はいたのです。

その最たる例が「赤玉」を巡る部分で東京を仕切る
阿修羅会の頭「タヤマ」が、悪魔が地下にまで襲ってこない
ようにある物を渡して契約し、人を守るという話です。

ところが契約で悪魔に渡していた品というのが
人間の・・・・(倫理上書けません、ウルトラセブンの
人間牧場の話とか、あーいう類な)でありまして
それを知った主人公が「お前の方が悪魔じゃねえか!」
と罵るのですが タヤマは言いました。

「だったら今の東京を全滅から救う術を教えてみせろ!」

その後、核でぶっ飛んだ世界を見せられたり秩序も
へったくれもない世界を体験したり、「生きる」とは?
「正義」だ「悪」だ、人が持つべきものって何だ?って
描写はありました。 それだけ「無印」での東京は
大変なことになってた訳です。


また、人間にとって神だ悪魔だってのは畏怖すべき
存在、見上げる存在だったはずですが「真4F」では
腹の探り合いとは言いながら「神、悪魔、人間」が
同じ土俵でくっちゃべってる姿があります。
これに違和感を抱いたのは僕だけでしょうか。



メガテンといっても今じゃ様々なタイトルが出てますが
折角「真メガテン」とか「ペルソナ」とか、タイトルを分けているのだから
「真」は「真」でしかできない事を追及してほしい・・・・・なんて
我儘でしょうか。
じゃぁ真メガテンらしさって何ぞやってややこしい問題もありますが。

アトラスの公式で、えらいごっついグラフィックな次回作PVが
流れていますがはたしてどの方向へ向かうのだろう。

とりあえず秋に予定の「真女神転生ストレンジジャーニー」の
リメイク版を待つとします。










おまけ




えこーず2
「ファイアーエムブレム・エコーズ」
現在進めています。
元が元だけに今時のFEとはちょっと違いますね。
最初こそ掴みが弱いと感じましたが次第に
グイグイきます、てか今きてます。
テキストっていうんですか、読んでてスンナリ
気持ちに入ってくるのが心地よい。
台詞を読むだけで楽しいなんて蒼炎以来だろうか。
とりあえずエフィやばい。







でざいあ2
買っておいた「EVE」リマスター版が積んでる状態ですが
本命のコッチも遂に発売されました。
結末の部分に余計な描写を付け足した「完全版」とか
過去ありましたが 今回のは正真正銘、ファンが望んだ
商品なのではないでしょうか。
蓋を開けてみないとわからんけどなー




おわり。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。