アニメの話(4)

grpan1.jpg
(C)ガールズ&パンツァー

「劇場版ガールズ&パンツァー」の話です。

5月27日にBR&DVD発売となりましたが、その前に劇場で
もう一度だけ観ておこうと5月上旬に映画館へ行きました。

人生で同じ映画を4回も観にいったのは初でした。
立川の爆音劇場はちと遠い。噂の4DXはどうも好みの仕様
ではないなぁ、と思っていたトコロ、近所で「ウルティラ」という
でかい!きれい!音がいい!と三拍子揃った再上映が
始まったのでこれを選択したのです。

とにかくスクリーンが大きい。4方から音が耳の中にギュっと
詰まってくる感じ。ほぼ真ん中で観れたのですが
アレは・・・最後尾でいいかも知れない。
トータルで「すげぇ!」って感じです。混むだろうと平日昼間に
行ったのに席がほぼ埋まってたのに加え、白髪のおじぃちゃんが
チラホラ座っている。終わった後拍手喝采!何やねんこれ・・・(笑

折角「見納めだ!」と行って来たのにBR&DVD発売記念と
いう事で現在、封切り時の倍以上の数で全国で再上映中。
あの・・・これ去年11月公開の映画なんすけど・・・!?


注)おもいっきりネタバレです。
grpan2_convert_20160604225439.jpg
(C)ガールズ&パンツァー

作ってるのがオッサンだし観るのもオッサンだから遠慮するこたぁ
ねーよなぁ!と色々ネタを突っ込んであります。
分かりやすいので上の新キャラ。「フィンランドといえば・・・」
アレか。スナ@キンか。後、カチューシャを逃がす為に
ノンナが囮になった際の台詞は
「沖田に向けて言った古代守の台詞」そのもの。



grpan3_convert_20160604225511.jpg
集結!高校生連合。
パースのせいもあるでしょうが左上の日本戦車ちっこいなぁ。
ティーガーIとポルシェティーガーの砲塔ってここまで
大きさ違ったっけ・・・・?



grpan4_convert_20160604225540.jpg
TV放送時から「エリカ」が好きなキャラなんですが劇場版では
とことんイジめられてます。やめたげてよぉ~;;



grpan5_convert_20160604225607.jpg
例え顔が見えなくても戦車の動きだけで「キャラ」がわかるように
徹底しているだけあって、人物自体の描写もブレがありません。
「いかなる時も優雅に」がモットーなだけあって聖グロの連中は
いつでもおしとやか。ダーさんのペタンコ座りかわいい(ぉ
この人、全映像通して唯一みほのあんこうチームを撃破している
(しかも2度)、更に負けなしではないけれど撃破された描写が
一切ないという優遇っぷり。(終盤、動けないところを撃たれて
白旗となりますが橋に隠れて見えない)
スタッフもわかってるなぁ~。
もしOVAでTV放送時の「黒森峰VS聖グロ」が実現したとしても
ススまみれのダーさんなんて見とぉないわあ!



grpan6_convert_20160604225631.jpg
サンダースとチハ集団が大学選抜チームに戦線突破されてしまう
シーン全般がこの映画中、一番好きです。
「前に出るわよ!」から攻撃喰らって「シィット!」までの
流れが最高。おケイさんをはじめとするサンダースの連中は
戦果だけ見れば「しょぼくてガッカリした」と思う人もいるかも
知れませんが、彼女らが戦車を匿ってくれなければあの時点で
ゲームオーバーでしたし試合中みほの作戦内容を理解した上で
迅速に指示、先んじて行動してたのがおケイさんのサンダース。
縁の下の力持ちといったトコロではないでしょうか。



grpan7_convert_20160604225656.jpg
大学選抜チームは主要キャラ以外の顔がほぼ見えず
動きもシステマチックで不気味な感じがしました。
コメンタリーで監督の「そういう雰囲気を狙った」という
コメントでなるほど納得。



grpan8_convert_20160604225720.jpg
「おまえホントに高校生かぁ!?」
カチューシャのお座りかわいい(またかよ
grpan9_convert_20160604225751.jpg
grpan10_convert_20160604225834.jpg
TV放送から通して唯一違和感というか「らしくない」シーン。
思いっきり悲壮感出てます。初回泣きました(ぎゃはは
シリアスなギャグというべきか。
ここでキュっと雰囲気締めて、その後一旦ゆるやかに
戻ります。この緩急のおかげで観てるコッチも一息つけます。
言いたくても言えない「ぐぬぬ」なカチューシャの表情が
この場面の全てです。



grpan11_convert_20160604225901.jpg
この長回しのシーンすごいなぁと毎回思うのですが
製作側からすると「もう思い出したくない」レベルの
作業量だったそうです。(コメンタリーより)
色んな国の戦車が一斉に前進。
アニメとはいえ、いやアニメだからこそ出来る絵だな、と。





grpan12_convert_20160604225926.jpg
はい、きました!対戦相手の「大学選抜チーム」大隊長。
大学生で13才!何を言ってるのか分からなr・・・・・
このキャラが出てくるまで、劇場の我々は忘れていた。
「そうだ、ガルパンはアフォアニメだった・・・・」
いくら戦車の再現が「リアル」でも戦車が飛んだり水の上を
跳ねたりするアフォなアニメだったんだ!
 「だが それがいい」



grpan13_convert_20160604225948.jpg
grpan14_convert_20160604230010.jpg
さてここで問題が発生。
模型メーカーはTV放送時の人気に後押しされ
以前、「全車輌キット化宣言」をしました。
ところがこのチビッコの指揮するセンチュリオンMkI は
インジェクションキットがどこの国でも発売されてないそうな。
確かMkIII だっけか砲身がコッチ向いてるパッケの奴ぐらい。
どうするプラッツ。ここはひとつ完全新規製作で
「汚名挽回」といこうじゃないか!!1!



grpan15_convert_20160604230034.jpg
初回、このシーンを観て
「・・・・これどうやって勝つの・・・・?」と思いましたが
あれももう半年前になるのね。



grpan17_convert_20160604230123.jpg
お行儀よい座り方をされる「華さん」(左側)
エリカと共に好きなキャラです。
出番が少ないのが残念・・・・ですが3時間の映像を
2時間に収まるようカットしまくりなせいか、主人公の
みほ以外全員、台詞が思ったほどないんですよね。
上映時間の半分以上が戦車戦という事で、改めて
このアニメは「戦車が主役、キャラはおまけ」だと実感。



grpan16_convert_20160604230059.jpg
いつかは「反則だぁー!」って出てくるだろうなと。
随伴車なしの自動装填って「ひでぇなそれ!」(笑
もし仮に今後、何かしらの形でシリーズとして
続くとしたら後は何があるかな~。



grpan18_convert_20160604230148.jpg
grpan19_convert_20160604230213.jpg
いちいち一言多いエリカ、この後まほに怒られるの巻。
しかし終盤の
まほ「エリカ、頼む」 「はいっ!///」からの
ティーガーII盾になりつつ前進、敵車輌撃破
その隙にまほのティーガーIが回り込んで撃破

先に挙げたサンダースとチハの次に好きな場面。





grpan20_convert_20160604230238.jpg
センチュリオン無双はじまる。
1分そこそこで高校生連合は5両撃破されます。
「大学選抜のリーダーは 化け物かっ!」って
言いたくなりますが実際のとこヴォイテクが割って
入ってこなければ、あんこうチームも撃破されてた
もんね・・・・。きっと装填手が超人なんだろうな。








冷静に考えるとね、ネット上で「せっかくTV版で綺麗に
終わったのにまた廃校をネタにするんかい!」って
意見もすごく分かる。
後、細かいトコで雑だなって感じる部分もある。
でもそういうの全部吹っ飛ばすエネルギーがあるよね。
作品が「映画館向き」だったのも大きい。
BR&DVDだといくらヘッドホンでなんちゃって5.1cHで
楽しめても劇場という空間で楽しむのとでは比較にならない。
「映画館まで行かなくても後でレンタルして観ればいいや」
ってのを打ち破ったのはお見事。

まぁだから半年経っても上映側がノリノリになって
未だにやってるんすけどね・・・・・・もっかい行ってくるか・・・





おわり。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR