PSO2 (エクエスティオー制作その3)

h1_convert_20170730150247.jpg

h2_convert_20170730150333.jpg

h3_convert_20170730150354.jpg

ある程度パーツが揃ったので仮組みしてみました。
既存のキットを流用したせいか、以前組んだ時
「・・・なんか違う」となったのですがパーツ構成を
変えたらもう流用した意味ないじゃん、て事で
ここらでまとめに入ろうかと思った次第。

首から下は8割程度、頭部に関してはまだ6~7割と
いった所でしょうか。
細かい修正をしつつ仕上げとなります。
ソード持たせるの忘れたあ!
次回、その4に続く!(たぶん完成)



それはそうと
ゲームの方は「EP5」が始まりました。
ここまで感情が波立たないままスタートした
EPは初めてかも。
とりあえず、アレだ。
「想定外のミスは仕方ない、けど意図的に設計した
機能がユーザーを困惑させるのは、もはやお話にならない」
何が言いたいかというと
「マッチング機能、以前の仕様に戻して」

皆嫌がって部屋立てねぇーし!
部屋立てるじゃん、おかしな事になるじゃん。
部屋主のせいにされるじゃん。 ナニコレ。

おわり。

プラモの話 (11)

fag3.jpg
アニメ「フレームアームズガール」

どーせダメダメアニメなんでしょう?の予想を覆す内容。
CGと手描きの使い分けがうまくハマってると感じます。

で、この手のホビーアニメでタブーとされているのに
「実際の制作手順やらを逐一説明する」というのがあります。
番組を見てる人すべてがその部分まで興味を持ってもらえるか
わからないのに一々説明してチャンネル変えられたら たまらん!
なのです。
ガンプラアニメ「ビルドファイターズ」および「トライ」でもこの辺
かなり気を使っていたようでプラモ制作シーンは極力省いてました。
まぁバンダイですし、ガンプラですし。


だがコトブキヤは違った。
ゲームメーカーで例えると「かつてのセガ」のこの会社、いくら
深夜枠だとは言え、あえてそこに突っ込むこの勇気。
そしてそれをアニメにしてしまうスタッフの男気よ。
更には「金型」の説明を始めやがった!
fag1.jpg

fag2.jpg
アフォですね(褒め言葉)
ブキ子がおそらくワザと「0.1ミリの誤差が~」と大きい数字で
説明していましたが実際は0.01~0.001の世界です。
慣れると0.01ミリの誤差が「でけぇ!」となる感覚です。
流す材料にもよりますが0.005ミリの隙間がバリとなる場合も
あります。(この世界、センチメートルという言葉は使いません)

また、ブキ子が「説明するには3時間はかかるので省略」といった
「放電」部分(画像下段)ですが通電すると、なぜか!
銅はあまり溶けないのに鉄の方はガンガン溶けていく!

なんでこんな事を当ブログでも説明しちゃってるのか?
興味ある人は業界きて下さい。様々なポジションで
人材不足なんです。
ゼロからでも始められます(ホントです)
それとも十数年前に僕がある商品の設計ミスって
大惨事になったという
メシウマな話を書けば関心を持って貰えるカナ!?



話かわって今月の静岡で行われたショウにて。
「PLAMAX」ブース・・・・・・
fag4.jpg
ひぇっ!?
fag5.jpg
ふおおおおおおおおおおおおおおお!
fag6.jpg
・・・・・・・・・・・マジか・・・・
あれか?MAXはダグラム抱えて心中するつもりか?
誰がこんなの買うんだよ!買う訳ねぇし!ぜってぇー買わねぇからな!
ぜったいだぞ! ぜったいだからな!








fag7.jpg

PSO2ヒュマ子(エクエスティオー)ですが
とてもゆっくりとですが進行中。




おわり。



スタービルドストライク(144のような、そうでないような)

stb1_convert_20170225221507.jpg
「ガンダムビルドファイターズ」より
スタービルドストライク

自分で作ったガンプラを謎の粒子で戦わせ勝敗を競う、
子供向けとした内容だったのでしょうけど 観てた自分は
「もうガンダムなんて全部この路線でいいんじゃね」と
思ってしまいました。

このアニメの救いだった点は「ガキンチョ向けアニメだけど
作ってるスタッフはガチだった」ではないでしょうか。
「子供向け」といっても子供騙しであってはいけない。
ホビー業界でよく使われる言葉です。 子供は天才ですから。

続きを読む

1/35スコープドッグターボカスタム(WAVE版)

tc1.jpg
(WAVE製ザ・ラストレッドショルダー4機セット)

お前は言う
「頭部の大きさが違う」
奴は呟く
「胴体の形状に違和感あり」
30年前の記憶を硝煙が掻き消すとき
己の信じてきた答えに確信を持てる者など
いやしない

次回 「制作」

残り三機、たまにはそんな地獄も悪くない

続きを読む

エルフ・ブルック(HG1/144)

el1
「Gのレコンギスタ」より

Gレコに登場するキャピタル・アーミーのMSです。
登場時の見どころはこれを配備できた事でニヤリとする
急進派と、「こんなのあったっけ」と疑問に思う庶民との温度差。
ここからキャピタル・テリトリーが軍隊っぽい何かに変貌していきます。

で、このエルフ・ブルックのキットですがとってもダサイです。
元々バンダイは「Gのレコンギスタ」に力を入れる気はなかったようです。
同時期夕方にも「ガンダム」の番組を放送して、こちらがメインだったのは
明らかでした。デザインを担当した形部さんの「キット化はGセルフ、
Gアルケイン、グリモア以降は未定だった」という言や、バンダイの
「GレコのキットはGセルフ以外2000円以内で収める縛りがあった」など。

こんな言い方もアレですが「Gレコ」ってサンライズ(バンダイ)が用意した
富野の死に場所だったんじゃないかと番組を見てて思いました。
そして見事に爆死した訳ですが!

そんなこんなでGレコのキットは10年前レベルの出来がほとんど。
やる気なかったのか新人育成に充てたのか。ガッツリ改造となると
キリがないので要所だけ改造する事となりました(ほんまトオホやでぇ)

続きを読む

プロフィール

あまでら

Author:あまでら
欲望は無限なり
時間は有限なり

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR